ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立建設設計

施設保全業務は、蓄積した修繕履歴やエネルギーデータをもとに、長期維持保全計画を立案?実行することが重要です。
施設管理業務支援システム『FAMS3.0』は、施設管理データを一元管理し、必要なデータをタイムリーに提供することで、迅速な意思決定と資産運用の立案?業務推進をサポートします。
また、建物の設計、工事から竣工後の維持保全まで建物のライフサイクル全てにわたった環境負荷とコストの低減をサポートいたします。
施設保全サイクル(Plan→Do→Check→Action)における関連情報を有効活用することで、継続的な施設保全業務をサポートします。

PDCAサイクル

一覧

機能
施設保全業務は、蓄積した修繕履歴やエネルギーデータをもとに、長期修繕計画管理を立案?実行することが重要です。

資産基本情報
最新の資産情報を機能的に管理します。 関連する電子ファイルを基本情報と併せて管理します。 資産活用に必要な情報の抽出?分析が可能です。

維持保全?修繕管理
過去の工事情報やクレーム、依頼内容などを機能的に管理します。クライアントや業者との保守契約を資産情報と併せて管理します。 資産活用に必要な情報の抽出?分析が可能です。

長期修繕計画管理
資産基本情報をもとに簡単に長計表が作成できます。 修繕費用の長期的な予測が可能です。 建物の重要度や劣化状況、使用年数などを評価項目とした、総合的な保全優先度が算出可能です。
beauty eats shit另类/三分钟免费观看视频/一个接一个上来糟蹋/成年美女黄网站